ギター教室のシアー

シアーのギター教室
ギター教室ならシアー > 01オンラインギターレッスン一覧 > エフェクターボード〜第2回〜
エフェクターボード〜第2回〜

『エフェクターボードについて』

こんにちは! 新宿校ギター科講師の細川です!
今回はエフェクターボードについて書いていこうと思います。

つづきです。
前回も書きましたが、エフェクターボードの種類は様々あります。
ならばどんなものを選んだらいいのでしょうか?それはギタリストによって変わってきます。
サイズの面でいえば、たくさんエフェクターを使う人は大きめのものを選んだ方がいいでしょう。
しかし、少ししかエフェクターを使わない人にとっては、大きめのサイズではボード自体が邪魔になるだけです。
ボード自体の性能は頑丈の方がもちろん良いのですが、その分値段も大きく変わるので、お金もなくライブもたまにしかやらないのだったら、そこまで高いのではなくてもいいでしょう。
しかし、ツアーに出て毎日ライブ!となると、機材車に詰め込んで何日間も移動するので、多少無理してでも頑丈のやつをお勧めします。

値段はほんとにピンキリで、安いものは3000円位からあり、高いものは50000円位したりします。
筆者のメインボードはCAJというところで作ってもらった大きなボードで30000円位のものです。
とても頑丈で操作性もよいのですが、とにかく重い!実際、車移動でないと運べない重量なので、今はほとんど使っていません(もったいない汗)。
一度なんとか手で持っていこうと試みましたが、自宅から駅まで辿り着けませんでした汗。

今は中身も入れ替えて、移動性によい軽いボードに変えています。
しかし安いやつで、さらに中にぎゅうぎゅうにエフェクターをしきつめているのでボードがかるく変形しています。
そろそろ買い換えないと危ない時期です。

最近ではボードの中にまたボードが入っていて、配線が綺麗に見えるようになっていたり、あらかじめコンパクトエフェクター用のくぼみがついていたりとボードも進化しています。

エフェクターボードは音楽活動を円滑に行う為にも重要なものになっているので、是非色々なボードを見てマイボードを構築してみて下さい!
どこに何を入れようとかを考えるのもとても面白いですよ!

今回の一曲!!

 Curtis Mayfield

 『People Get Ready

  アメリカのギタリスト、というよりはマルチプレイヤー。
歌もうまい!この曲はとても有名で色々なアーティストにカヴァーされているので皆さんもどこかで聞いたことがあるかもしれません。
このイントロはシンプルながらすごいインパクト!このあとに入ってくるヴォーカルはいつ聞いても鳥肌ものです!!ソウルの大定番です!


詳しくはスクールに行って聞いてみよう!

無料体験レッスン


シアーのギター教室! 基礎から楽しく学べるギター教室で初心者でも安心です。

無料体験レッスンお申し込み
レッスンの流れ
運営者情報
↑ページトップへ
シアーギター教室ホームに戻る
ボーカルスクール・ボイストレーニングならコチラ

SheerGuitarSchool
(c)2010 Sheer Inc.